目黒にあるCoCo壱番屋の甘さも感じられるハッシュドビーフ

店名:CoCo壱番屋 目黒駅西口店
住所:東京都目黒区目黒1-4-9 生報ビル1F
電話:03-5496-0481

目黒にあるCoCo壱番屋ではハッシュドビーフを頼んだことがありますけど、実はカレー以外のメニューもあるのです。

CoCo壱番屋のメニューの大半はカレーですが、ちょっと変わったハッシュドビーフも実は存在しており、前からずっと食べたいなと思っていました。

カレーもすごい美味しいですけど、ハッシュドビーフも同じくらいの出来栄えだなと思いました。

ハッシュドビーフに関しては、やや甘さを感じられるようなルーと言えるでしょう。

CoCo壱番屋のカレーのルーは辛さのレベルで普通を選んでもそこそこ辛い気がするのですが、このハッシュドビーフは甘さの印象がやっぱり強いです。

だから、辛いのが苦手な人の場合には、このハッシュドビーフは非常におすすめと言えます。

そして、CoCo壱番屋のハッシュドビーフに関しては肉が結構大きく切られているなという印象があります。

だから、具材はそんなに多くないものの、十分に満足できる状況なのです。

割と味が濃い印象なので、ハッシュドビーフの美味しさを感じることができるでしょう。

普段カレーばかり注文している人もいると思いますが、そういう人に関してはCoCo壱番屋のハッシュドビーフは特におすすめです。

川崎市の鷺沼にあるCoCo壱番屋のソーセージカレーがおすすめ

店名:CoCo壱番屋 東急鷺沼駅前通店
住所:神奈川県川崎市宮前区鷺沼1-2-1安藤マンション1F
電話:044-871-7551

神奈川県川崎市の鷺沼にあるCoCo壱番屋では、いろいろな美味しそうなカレーがあって非常に迷うのですが、ソーセージカレーを好んで食べることが多いです。

CoCo壱番屋のソーセージカレーのソーセージに関しては、太さはそんなにありませんが、結構長くて、色合いが赤みがかったような感じで、見た目で食欲を誘います。

しかも、切れ目が入っているので、口でちぎりやすく、食べやすさも実感できます。

そして、味に関してもやや辛味があるような感じなので、アクセントがあるようなイメージでかなり美味しいと思うのです。

このソーセージが4本ほど入っているので、それだけで具材は十分という感じがします。

したがって、トッピングは特にいらないと言えるほどであり、ソーセージカレーのときにはこれ単品で頼むことが多いです。

ソーセージがかなりボリューミーなので、十分にお腹が膨れると言えます。

CoCo壱番屋のソーセージカレーは割と王道的なメニューだと思いますから、好きな人は多いのではないか?と思います。

CoCo壱番屋で食事をしたいと思ったときには特におすすめできるメニューと言えるでしょう。

カリーブラウン、吹田市・江坂にある人気のオシャレ欧風カレー店

店名:カリー・ブラウン
住所:大阪府吹田市南金田2丁目7-2
電話:06-6389-2255

カリー・ブラウンは大阪吹田の江坂にある人気のカレー屋さんです。
比較的新しくできたお店で、雰囲気もお洒落ですし今風のカフェを意識したカレー屋さんという気がします。
ご飯時には並んでいることもあります。

カリー・ブラウンのカレーは「体に優しい自然派カレー」というコンセプトらしいです。
メニューは定番の「牛すじカリー700円」や、「キーマカリー850円」にキーマと牛すじ両方が楽しめるあいがけカレーなどで、値段はなかなかリーズナブルです。

カリー・ブラウン定番人気だという牛すじカリーを食べてみました。
ご飯は玄米入りで少し茶色い色をしており、筒状に盛り付けてあるのがオシャレだなと思いました。

ルーはサラサラしたタイプで具は牛すじのみです。
あまり辛くなくて、辛いものが苦手な人でも食べやすい味だと感じました。

スパイスを沢山入れているらしくとても味わい深いルーで、スパイスの他にも野菜やフルーツなどブレンドしているのかなと思いました。
牛すじ肉は歯ごたえがあって美味しく存在感がありました。

「体に優しい」というのがうなずける味で、量もあまり多くないですし女性向けのカレーな気がします。

静岡市でインドカレーを食べたいならインド料理タンドール草薙店!

インドカレー屋は全国津々浦々にありますが、「これは最高に美味しい!」と感動するレベルのお店って意外と少ないですよね。

けれど、こちらの「インド料理タンドール草薙店」は違います。
とにかくタンドールのカレーは本格的で、とっても美味しいんです。

特に美味しかったのが、「ホウレンソウとラムのカレー」です!
お値段は確か1000円くらいでしたが、本格的なラムカレーでした。

また、ホウレンソウを使っているからかラム特有の臭みもほとんど感じませんでした。
日ごろはラムが苦手と言っていた友人にひと口味見してもらったところ「これは美味しい!」と言っていましたよ。

また、タンドールはカレー以外のサイドメニューにもこだわりが感じられます。
特にライスやナンは、本格的な味わいでした。

今までに色々食べてきましたが一番のおすすめは、「サフランライス」です。
スパイスがふんだんに使われており、日本ではなかなか出会うことができない味わいのライスですよ。

タンドールのスタッフさんもとても感じが良いですし、お店の雰囲気も抜群です。
また、カレーの種類が多いので何度行っても飽きませんよ。

店名:インド料理タンドール草薙店
住所:〒424-0886 静岡県静岡市清水区草薙3丁目8-10
電話:054-346-0118

ジェニス、愛知県東海市にあるランチセットがおすすめのインド料理店

店名:ジェニス
住所:愛知県東海市名和町山畑3−1 ファミール名和 1F
電話:052-603-2889

ジェニスはカレー専門店で、店員さんのほとんどはネパールの方です。
ですが店長さんは以前大府市にあったカレーショップで働いていた経験もあり日本語も堪能な為、注文などで困る事はありません。
更には常連になると顔や何時も頼むメニューまでも覚えてくれるため注文がスムーズかと思います。

また、ジェニスはカレーの種類も豊富で、マトン・チキン・野菜などのカレーを取りそろえており、その日の気分にあったチョイスが可能です。

そんな中で、私がお勧めしたいものは、ジェニスのランチセットです。
カレーの種類は選べませんが、価格はリーズナブルで通常のセットの際はナン・ライスのおかわりが可能で価格は750円~となっております。

とりわけ私はその中でCランチをお勧めします。
価格は950円と1000円しない点もさることながらカレーはほうれん草のカレー、その日のお勧めのカレー2種類がついており、更にはナンを通常ナンだけではなくメニューに載っている様々なナンの中から選ぶ事が可能です。

ジェニスはナンの種類も豊富で、その中でもチーズナンはがっつり食べる方にとってはボリュームもあるかと思います。
また他のセットと一緒についてくるサラダ・スープも香辛料を使って味付けされている為食べ応えがあるものだと思います。

有楽町の東京カレー屋名店会で理想のカレーに出逢うの巻

店名:東京カレー屋名店会
住所:東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア B1F
電話:03-3211-0616

有楽町駅より徒歩すぐ。駅前にある有楽町イトシアの地下にある東京カレー屋名店会。
東京カレー屋名店会は、その名の通り、東京のカレーの名店、エチオピアの名店会オリジナルチキンカリー、カーマのキーマカリー、デリーのカシミーカレー、ペルソナの欧風ビーフカレー、喜楽亭のビーフかれー、ドンピエールのキーマカレー、共栄堂のスマトラ風ポークカレーなどがいただけます。

他にも名店会オリジナルの牛すじカレーや野菜カレーなどもたくさんあり、メニューの組み合わせも可能。
究極は5店盛りコンボカレーという強者もあります。

東京カレー屋名店会は、テイクアウトもあるのでとても便利ですね。
カレー好きなら、一度は足を運んで損はないと思います。

ただ、どのカレーもやっぱりそのお店に行っていただくのが一番な気もします。
それから全体的にご飯の量に比べ、ルーの量が少なくバランスが悪いかな。
どうしてもご飯が余ってしまいます。

もう少しルーの量が増えたら嬉しいところではありますが、忙しい合間のランチの時間帯。
東京カレー屋名店会では回転率が早く長々と並ばされることもないし、さくっとカレーをいただける便利なお店だと思います。

テイクアウトの種類も豊富です。
東京カレー屋名店会は、こちらの有楽町の他には秋葉原にもお店があるようです。

丸の内のTOKIAにあるインデアンカレーの香りの誘惑

店名:インデアンカレー 丸の内
住所:東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA B1F
電話:03-3216-2336

東京駅直結、丸の内南口から出てKITTEの奥のビルが東京ビルです。
地下から行くこともできるのでとても便利ですね。
東京駅と東京駅の京葉線コンコースのちょうど中間のところにあります。

東京ビルの地下にはつるとんたんやみんなのぱんやなど魅力的なお店も多く、ランチの時間帯だけでなく夕方なんかも行列ができています。
観光客の方でも立ち寄りやすい立地のせいかもしれませんね。

移動の際、よくインデアンカレーの前を通りかかるのですが、こちらのお店の前はぷ~んととてもいい香りがしてきます。
あまりアジアのカレーは得意ではないのですがこちらのお店は別なんです。

インデアンカレー店内はそう広くはなく、カウンター席のみ。
横一列です。
20人ほど座れるかな?

インデアンカレーは、行列ができていることが多いお店ですが、とにかく回転が早いので待ち時間は短いです。
だって座って二分でカレーが出てくるんですから!

メニューはシンプル。
インデアンカレー(750円)インデアンスパゲティ(730円)ミートスパゲティ(680円)ハヤシライス(680円)の四つ。
それから少しのドリンク類。ライスとスパゲティの大盛りはいずれもプラス50円。
そしてルー大盛り(200円)と、おもしろいのがルーダブル(500円)。

そして割りとルーダブルをオーダーしている方が多いのもおもしろいです。
つゆだくのインデアンカレーとなかなか美味しそうです。
あっ、こちら食券システムのお店です。

ルーは程よい辛さでわたしは好き。
日本人にちょうどいい辛さだと思います。(個人の感想です)
辛いのが苦手な方はたまごトッピングで解決です!

インデアンスパゲティも気にはなりつつ、やっぱり毎回インデアンカレーを頼んでしまうのがわたしの課題です。

ラージャ津田沼店 (船橋市)、カレーとナンが魅力のインド料理。

店名:ラージャ RAJA 津田沼店
住所:千葉県船橋市前原西2-14-6 速水ビル 2F
電話:047-471-9905

ラージャ、インド料理津田沼店はカレーとナンがとっても美味しいお店です。
場所がビルの2階なので初めていく時は少しドキドキしますが、1回行ってしまえばもう大丈夫!
むしろ2回目以降は、隠れた名店に行くような気持ちになり、心が楽しみでスキップしちゃいます。笑

ネパール人なのかインド人なのか、見た目では判断できませんが、片言で接客する姿は微笑ましく少し異国に来たような気分にもなるので一石二鳥です。
ラージャの外でもたまにビラ配りをしていますが見かけると貰ってるのについついまた貰ってしまいます。
(これがまたクーポンつきだったりするのである。貰って損はない!)

ラージャのオススメはランチのカレーセット!(カレーとナンorライスのセット)
他にもサラダつきのセットやドリンクつきのセットがあるのですがいかんせんボリュームがあるので食べきれなくなってしまう…残すのは絶対に嫌!

そしてセットではナンがおすすめです!
ふわっふわで大きくて甘くて辛いカレーと愛称バッチリ!!
カレーにもいくつか種類があるうえに、辛さを甘口から激辛まで5段階で選べるので辛いのが苦手な方でも美味しくいただけます。

かくいう私は甘口派。
サイドメニューにミニチーズナンがあるのですが、チーズ好きは絶対に一度は食べてください!!
美味しくて幸せな気持ちになります。

価格ですが、ラージャはランチとディナーがありランチは700円から、ディナーも2,000円あればOK!
水曜日は女性に嬉しいレディース割引もやっていたりします!ついつい行ってしまいます笑

カレーとナンのセットや単品料理など色々あるので、ラージャは何回行っても飽きません。
津田沼でインドカレーに行くなら絶対にここ!!