北海道旭川市、台湾料理「味源」のおすすめメニュー。

深川市から旭川市に入り12号線を行くと、車のディーラーが立ち並ぶ向かい側にある味源。
中華料理屋はありますが台湾料理とは?
味源に入ってみると中華料理屋と遜色ありませんが、元々中華料理が好きな私には良い雰囲気のお店です。

席は意外に広くゆったりと座れて、これなら落ち着いて食事が出来そうです。狭いところじゃ落ち着きませんからね。
メニューは多くほぼ中華料理と同じですが、味源には「台湾ラーメン」というものがあります。

台湾ラーメンは一見すると普通のラーメンに見えますが、一口食べてみると日本人には馴染みの無い味と香りが広がり、苦手な人はなかなか食が進まないかも知れませんが、これ慣れるとスープまでペロリと平らげてしまう程やみつきになります。
これで480円なんですから安いですね~。

味源で食べるときにおすすめなのが「ラーメンセット」です。
先ほどの台湾ラーメン他、ラーメン1品とご飯もの1品。
ご飯ものは、チャーハン・焼き豚飯・麻婆飯・天津飯等ですが、普通ラーメンセットってご飯ものは少なめですよね。

味源はそんなことケチな事はしません、普通の量で1品ずつ出て来ます。
もうそれだけで満腹になりそうなんですが、やっぱりここに来たからには鳥の唐揚げを食べて欲しい。
まるでテニスボールの様なゴロンゴロンした唐揚げが、味源では出て来ます。
味は美味しい!

店員さんも台湾の人なのか、カタコトの日本語を喋ります。
でも日本語は普通に伝わりますし、特に不便な事は無いです。
また食べに行きたいな!

店名:台湾料理 味源
住所:北海道旭川市忠和5条8丁目2-16
電話:0166-73-5667

西東京市、田無の地元民に愛される中華料理店「墨花居」。

墨花居は、西東京市の田無駅から徒歩5分程のところにある中華屋さんです。
オススメは「ナチュラルランチ」1080円。
3種類ある中華総菜から2種を選べ、ごはん、スープ、サラダ、ザーサイがセットになっています。

ご飯は、おかゆか白米、金芽米の中から選べます。
日替わりの中華惣菜はどれも美味しく、選ぶ楽しさもあって何度リピートしても飽きません。

その他にも、週替わりの「麺ランチ」や「飯ものランチ」「担々麺ランチ」などもあります。

デザートは、定番の杏仁豆腐も美味しいのですが、墨花居のオススメは「ブルーチーズアイスクリーム」です。
ブルーチーズの塩気とハチミツの甘さ、クルミの食感が合わさったアイスクリームは、他では味わえない一品です。

墨花居の店内は広く、モダンな雰囲気のチャイニーズインテリアです。
テラス席もあり、天気のいい日は外で本格中華を堪能することができます。
広々としたキッチンでは、墨花居の料理人さんが手早く作業しているのが外から見られます。

接客もキビキビしていて気持ちがいいです。
墨花居のランチ時はいつも地元民で賑わっていますが、待たされたと感じないのは、その接客のホスピタリティの高さ故かも知れません。
ぜひ一度訪れて欲しいお店です。

店名:墨花居
住所:東京都西東京市田無町4-24-1 k-house3 1F
電話:042-451-8852

和歌山県和歌山市、餃子専門店の「紀乃郷」。

私がお勧めしたい飲食店は、和歌山県和歌山市にある紀乃郷という餃子専門店です。
和歌山市は餃子専門店って見たことなかったので、どういう餃子が出てくるんだろうかと気になって訪れたのが常連になったキッカケです。

紀乃郷の餃子は、ノーマルの肉餃子(340円)と鳥と生姜の餃子(440円)の二種類を販売してます。
そして餃子を絡めたセットも販売してます。
餃子定食(600円)、紀乃郷 セット(820円)、さらにラーメンやチャーハン、天津飯も用意されてるので餃子以外も食べたいって人もご安心ください。

私のお勧めは天津飯+肉餃子セット(700円)です。
肉汁タップリのアツアツ餃子を楽しめますし、紀乃郷の天津飯は餡に独特の甘みがあってとても美味しいんです。

あと、鳥と生姜の餃子もお勧めです。
普通の肉餃子は他店より肉汁タップリで美味しいんですけど、基本は普通の餃子です。

しかし鳥と生姜の餃子はちょっと変わっていて、タレではなく塩で食べます。
紀州うめどりを使ってるのも見逃せません。
普通の餃子よりちょっとあっさり風味なので、いつも〆にはこれを注文してます。

店内は普通の定食屋さんって感じで昭和の香りのする雰囲気ですが、私のようなオジサンだと返ってこの雰囲気の方が落ち着きますしお勧めのお店です。
今回ご紹介した紀乃郷 についての詳細です。

店名:紀乃郷
住所:和歌山県和歌山市北島82
電話:073-452-7107
定休日:水曜
営業時間:11時30分~14時、17時~21時(ラストオーダー20時半)
駐車場:有

東京銀座、女性でも食べやすい!餃子の「天龍」。

私がおすすめするお店はおいしい餃子のお店天龍です。
こちらのお店でおすすめなのがやはり餃子です。
8個で1100円なので餃子にしては結構高めなお値段ですが、天龍は、一つが大きめだしその価値ありなお味です。
皮はパリパリとしていて中はジューシーもちもちです。
バナナのようにそりかえった形が特徴的です。

以前、天龍に食べに行った時と場所が移転していたのですが、移転後の今のほうがよりおいしくなっている気がしました。
2人で4個ずつシェアしたのですが、結局もっと食べたくなり追加でもう一皿頼んでしまいました。
餃子と一緒に頼んだ蟹炒飯1250円も蟹がたくさん入っていておいしかったです。

やはりお昼時は混んでいるので、お昼少し遅めにしたほうが空いててゆっくりできます。
移転後の今の天龍は、店内も綺麗で広く、ラーメン屋風の移転前とは異なり
お洒落な中華料理屋さんといった感じです。
女性一人でも入りやすい雰囲気のお店に変わっていました。

また、天龍の餃子はニンニク不使用なので女性でも食べた後の臭いを気にせず、安心してたくさん食べられます。

店名:天龍
住所:東京都中央区銀座2-5-19 PUZZLE GINZA 4F
電話:03-3561-3543

本格四川系中華!調布国領の名店、「麺飯坊 無双」。

都心へ向けて朝早くから通勤する人が多く住まう街、調布市。
特に駅周辺の国領町一帯はファミリー層向けの大型マンションや団地が多く立ち並ぶエリアです。
しかし近年再開発された駅前を除き、お料理にこだわった個人経営のレストランが多くあるとは言えないのが実情です。

その中でも貴重なのが、こちらの「麺飯坊 無双」というお店です。
狛江通りに面した大きなマンションの一階に構えたお店は、色鮮やかな看板と飾りが特徴的です。一歩店内へ足を踏み入れると、そこはもう中国の食堂です。

麺飯坊 無双のお店の方はホールの方もキッチンの方も皆さん中国ご出身のため中国語が飛び交っており、またいい意味でお客さんに構いすぎない気さくな接客をして下さるため、居心地もよいと思います。
この空気に吸い寄せられるように、週末ともなると家族連れや会社帰りの方で満員です。

肝心のお料理はというと、四川料理系の旨辛いメニューが多くそろっています。
特に麺飯坊 無双で人気なのはひき肉がたっぷりのった担担麺や細切り豆腐が入った酸辣湯麺、野菜がもりもり食べられる五目あんかけ土鍋ご飯などのアツアツのメニューです。

また一品料理のセロリと牛筋の冷菜や、豚ヒレ肉の酢豚などに至ってはお店でしか味わえないプロの味わいが感じられ、お酒が進みます。
更にお子さんや小食の方にはうれしいハーフメニューが麺類・ごはん類に設定されていますので、自分にあった量のものを楽しむことが出来ますよ。
気軽に美味しい四川系中華が食べたくなったなら、是非麺飯坊 無双へどうぞ。

店名:麺飯坊 無双
住所:東京都調布市国領町4丁目-35-2 マンション国領1F
電話:042-490-1909

横浜市、日ノ出町駅「第一亭」でホルモン食べまくり。

京浜急行 日ノ出町駅から徒歩2分に位置する、第一亭はホルモン料理が有名な台湾料理店。
ホルモンというと、串焼きすたいるのモツ焼きか、焼肉スタイルで自分で焼くホルモン焼きなどを思い出しがちですが、ここのはちょっと違う。
第一亭は台湾料理のお店なので、中華系のホルモン料理が食べられるお店なのだった。

まず、おすすめはホルモン炒め(600円)豚の小腸を店特製のニンニク味噌ダレで長ネギとともに炒めた一品。
この味噌が濃厚でうまい。
飯にもビールにもあう。

同じ味噌を使った「レバみそ炒め」(600円)も絶品。
「レバニラ炒め」ももちろんうまいが、第一亭ならではを食べるなら、「レバみそ炒め」だ。

一番人気は「チートのしょうが炒め」(600円)。
チートとは豚の胃のことで、これを生姜と酢の効いた塩味の餡とともに炒めてある。
これがホルモンの旨みが楽しめるのにサッパリもしているという一品なのである。

また、第一亭は裏メニューが看板メニューとなった珍しい店で、来る客のほとんどが注文する料理がある。
品書きには載っていないが、「パタン」といえば注文が通るのだ。

パタンは、中華の太麺に大量の長ネギと刻みニンニクをのせ、ごま油・醤油などで作ったタレをかけまわした汁なし麺。
ニンニクの風味がガツンと来るが、意外とサッパリ食べられる。
〆の一品として頼む人が多いようだ。

ただし、ニオイが残るので次の日が休みのときなどに食べたほうがよいかも。
それさえ気を付ければ、病みつきとなる味で、まさにここでしか食べられない。

第一亭の店の構えは、年季の入った町の中華屋。
気取らない接客で、居心地も良い。
一人で食事をとっても良し、グループでわいわいやるのも良し。

台湾料理屋なので、エビチリや蒸し鶏、豚角煮や台湾風おじやなどもあって、
ホルモンが苦手という人がいても大丈夫というのも嬉しい。

店名:第一亭
住所:神奈川県横浜市中区日ノ出町1-20
電話:045-231-6137