自分でもできる!古い洋服のリフォーム。

リフォームが大好きです。
そもそも、物を買うときは、素材の良いもの、上質のものを買うことにしています。
必然的に、物は長持ち。

でも、ちょっと流行に遅れたり、使いすぎて部分的に擦り切れたりは、してしまいます。
こだわって買った物だから、愛着はたっぷり。
そこで、リフォーム。

もともと手先は器用で、物を作るのが大好きです。
古くなったものを、ためつすがめつ眺めていると、アイディアが湧いてきます。

18年前に買ったクリッツアのセーター。
色も形もとてもよく、毎年、大好きで着ていました。
でも、だんだん、袖先やお腹あたりが擦れてガサガサになって、みすぼらしくなってしまいました。

うーん、なんとかならないかなー、と眺めているうちに、擦れたところだけ編み直そう!という気になりました。
編み直すといっても、同じ糸は手に入りません。
そこで、素材と太さが似た感じの、元の色とよく似合う色、つまり、ツートンカラーにできる糸を探しました。

狙いはバッチリ。元のセーターは、美しい薄いパープルだったのですが、擦れて汚れた袖先とお腹下を切り落として網目を拾い、薄いグレーの糸で編み足すと、なんと、全く新しい感覚のセーターになりました!
襟ぐりや袖付けなどはもとのセーターのままだし、切り落としたのは全体の3分の1ぐらいだし、簡単にセーターが蘇って、大々満足。
タンスの中に、昔買ったいい物が、静かに眠っています。
さて、次は何をリフォームしようかなー。

ユニクロのボーイズサイズをレディースとして着る。

ユニ女(ゆにじょ)という言葉が流行しているそうで、全身ユニクロでそろえている人も多いみたいです。
私自身もユニクロ大好き。
そして、最近、ユニクロでもボーイズサイズに手を出しはじめました。

小柄なので150センチ、160センチサイズのトップスを着ることができて、ガールズよりボーイズの方がなんとなくスポーティーに着られていいことがわかりました。
ニットもケーブルクルーネックセーターの150センチサイズを購入して愛用しています。
そして今、冬の最後としてセール品として売り切り価格で多くの製品が販売されています。

狙っているのが、ニットフリースクルーネックT。
ニット風のTシャツとして使えそうなトップスは500円でした。
今だけの価格だと思います。
このトップスには160センチサイズがあって、3色ありました。
私の場合は150センチが入ったので、160センチはちゃんと入るはず。

これってトレーナーみたいな感じでも、ルームウェアとして着ても惜しくない価格。
500円だと、寝る時用としてもいいような気がします。
毛玉ができたらすぐルームウェアに変えてもいいくらい。

ボーイズサイズのユニクロ製品、レディース製品よりも安くて他の人とかぶらずいいですよ。
買ってしまおうかな。

服が欲しくてたまらない

なんでしょうかね、季節の変わり目ごとに服が欲しいという気持ちが高くなってきます。
特に春になると、いろんな節目の時でもあるせいか気持ちを一新したくなるのか服装や持ち物も一新したくなります。
日頃はあまり服を買わないほうなので、その反動が一気にくるのもあるかもしれない。
服やら靴やら欲しい気持ちが高ぶってお店に行くんですが、いざお店に行ってみるとピンとくるものになかなか出会わない。
もちろん、この服はどうかな似合うかな、といろいろ考えるのは楽しいのだけれど、いざ購入するかと考えると、いや買わないとなる。
たぶん、自分の思い描いているものと微妙に違うんだと思う。
だけど、世の中ごまんと洋服はあるけど理想ぴったりの服ってなかなかない。
もう、オーダーメイドで作るしかないよね。
むしろ、自分で作れるものなら作りたい。
洋服作れる人ってうらやましい。
自分の頭の中にあったイメージを実際の形にできる才能がすごい。
私にはその才能がないので尊敬しかないね。
私は不器用だし、ミシンで雑巾を縫っても真っすぐに縫えないし、たぶん一生服は作れないんじゃないかな。
そうだ、洋服を作れる友達とか旦那さんを作ればいいのか。
おーい、私のところに器用な人集まれー。