ダイソンDC35モーターヘッド サイクロン式コードレス掃除機DC35MH購入。

ダイソンDC35モーターヘッド サイクロン式 コードレス掃除機DC35MHの掃除機を使用しています。
使っている人の評価からはとにかく音が大きく夜は掃除が出来ないと言った事を聞く事が多くてそこまで大きいのかと不安に思いながらも、CMでやっている吸引力に惹かれて購入しました。

まず、DC35MHを使った感想としては、音はそこまで気になる程大きくなく実力は絶大なもので、普段掃除していると途中でゴミが満タンに近づくにつれて吸引力が落ちて満タンになる前に掃除機のゴミを捨てないと満足行く吸引力を得られませんでしたが、ダイソンに関して言えばCMでやってるように吸引力が全く落ちないんでストレスを感じずお掃除が出来て楽しくなってきます。
楽しくなり過ぎで細かい所まで掃除機をかけてしまうのでゴミの量もいつもより多い気がします。

私の場合はコードレスクリーナを使用しているのですが、ノズルを変えたり本体自体が軽く持ち運びやすいので利用シーンが多く、DC35MHは、持ち運びが出来て車の中の掃除もする事が出来るので家庭ではかなり重宝しています。
充電の持ちが意外に悪いので長時間使うとなるとちょっと不便かもしれませんが、一家に1台あっても損はないはずです。

ハイアールの電子レンジJM17-C購入レビュー。

ハイアールの電子レンジ JM17-Cを、約4年前に引越す際に購入しました。
家電は白で統一したかったことと、1人暮らし用のサイズで良かったのでJM17-Cにしました。
amazonや価格.comでどの電子レンジが良いか調べていて、基本的には自炊にするつもりだったので、とりあえず電子レンジは持っていますというようなものではなく、料理に使えるものを探していました。

JM17-Cは庫内容量17Lで700Wの出力があるので、料理にも十分使えると思い購入しました。
約4年経った今でも全く問題なく日常的に使用できています。

朝起きると、まずコップ一杯の水を飲みますが、冬は水が冷たいので、電子レンジを400Wにして2分間少しだけ温めたものを飲んでいます。
深めの皿に少し水を入れて550Wで1分未満にして卵を固めて、ラーメンのトッピングにしたり、黒胡椒と塩をふりそのまま食べたりもします。

ただ、機能は問題なくても、約4年間使っていた結果外装に問題が出てきました。
白い塗装の内部が錆びてきて、塗装がパリパリと剥がれてきてしまいました。

他にも購入直後は扉の上のパーツも真っ白でしたが、今では若干黄色味がかった色に変色しています。
JM17-Cは、機能もスペックもデザインも申し分ないので、塗装をもう少し考えてもらえると良いと思います。

Panasonicの電子レンジ「エレックNE-T156-W」のコスパが凄い件。

Panasonicの電子レンジのエレックNE-T156-Wはコスパがいい電子レンジで非常に便利です。
電子レンジ機能だけではなくオーブンレンジ機能とトースター機能もついていて価格が15,000円程度で購入できるので買い得な商品です。

そして一人暮らしにぴったりなコンパクトなサイズであるにもかかわらず中は広くて結構ものが入ります。
色々な食べ物を温められるプランがあり、その種類は約20に及びます。

もし電子レンジの中が臭くなったとしても、エレックNE-T156-Wには消臭機能が備わっており、そのボタンを押せば消臭され新品同様な電子レンジに戻ります。
温めの時間を10秒単位で決めることができるため細かい時間の調整が可能ですし、逆に1分単位は10分単位などの大きい単位でも時間の調節は可能です。

エレックNE-T156-Wには、解凍モードも備わっており、冷凍したご飯や冷凍食品などを温める時にこれを使えば普通に解答すれば外側は暖かいけれども仲間で熱が伝わってなくて冷凍のままということはなく、外側も内側のちゃんと熱が通っていてあったかい美味しいご飯が食べられます。

オススメの電子レンジの使い方は冷凍のピザをオーブン機能として使用すれば、宅配ピザのようなふっくらしたピザが出来上がります。
値段がかなり安くてそれでいて機能も充実しているPanasonicのエレックNE-T156-Wを買わないと損だと思います。

ハイブリッド式加湿器、ダイニチHD-3016の感想。

高齢の母が冬の間寝ている時に、エアコンを付けっぱなしにしておくと、部屋が乾燥しすぎるので、室内に置いてある湿度計が30%を切って「インフルエンザ注意報」を表示するのがとても気になって、加湿器を購入しました。
部屋の広さは12畳くらいですが、ベッド周りが少しでも潤うと良いかなと考えて色々と検討してみました。
その結果、温風式と気化式の両方を兼ね備えたハイブリッド式加湿器を選んでみました。

ダイニチのHD-3016は、思ったよりコンパクトで部屋の片隅に置いても気になりませんし、音も静かです。
それでもうるさく思う人には、さらに「静音」と「エコ」のモードが付いてるので、夜中でも運転する音がほとんど聞こえません。

ダイニチHD-3016本体の前面部分に現在の湿度が大きくデジタル表示されるので見やすく、自然と室内の湿度に注意する習慣がつきます。
給水は水が無くなるとピーピーと音が鳴って警告しますし、ランプが点滅しますのですぐに分かります。
ダイニチHD-3016の給水タンクもコンパクトなので水を満タンにしてもそれほど重くなく、女性でも簡単に運ぶことができます。

家庭ごとによって違うと思いますが、我が家では湿度設定を50%にしておくと12時間くらいで水が無くなります。
もっと乾燥する日が続いたら、自動的に潤いを与える「のど・肌加湿」モードを試してみようと思います。

パナソニックの沸騰浄水コーヒーメーカーNC-A56で毎朝幸せ!

10年使ったコーヒーメーカーが壊れたので、パナソニックの沸騰浄水コーヒーメーカーNC-A56を購入しました。
夫婦共、コーヒーが大好きで家で美味しいコーヒーが飲みたかったので、コーヒー豆から挽けるコーヒーメーカーを探していました。
こちらのコーヒーメーカーNC-A56は、豆から挽くことでき、粉でも淹れることができるのでとても便利です。

豆を挽く時は、かなり大きな音がして少し気になりますが、朝から豆を挽く香りがして、本当に幸せな気持ちになります。
また、豆の挽き分けフィルターが付いているのと淹れ分けのボタンを付いているので、同じ豆でも四種類のコーヒーの味を楽しめることができます。
手入れも簡単で、コーヒーが入る部分も口が広いのでしっかり手が入れて洗えるので衛生的で気持ち良いです。

シンプルなデザインなので、部屋のインテリアもじゃませず、また、無駄に凹凸などがなく掃除がしやすいです。
今まで使っていたコーヒーメーカーは、洗浄機能がなく掃除が面倒でしたが、こちらのコーヒーメーカーNC-A56は、沸騰浄水機能が付いていて掃除も本当に楽で助かります。
沸騰浄水機能のおかげで、カルキを90パーセントカットしてくれるので、毎日美味しいコーヒーを何杯も飲んでいます。

キヤノンの激安プリンタMG3630は細かいところで残念。

年末の年賀状作成用にプリンターを新調することにしました。
今回は予算の都合もあり、キヤノンの一番安いプリンターを購入してみました。

機種名:MG3630
本体大きさ(横幅×奥行×高さ):約449×304×152mm
解像度:4800×1200dpi
スキャナー:1200dpi(CISセンサー)
両面プリント:可能(はがきは非対応)
Wi-Fi:あり(スマホ・タブレットからのダイレクトプリントが可能)
自動電源ON:あり
インクタンク:黒・カラーの2つ

実は以前使用していたプリンターが、年賀状の作成途中で修理不可能な故障とになってしまい、あわてて
夜遅くに代替のものを探した結果、在庫があって一番早く届くヨドバシエクストリーム便でMG3630を注文したのですが、翌日12時には届けていただき、対応の早さ・良さに感激しました。
早速開封して使用準備を始めたのですが、ガッカリしたのがA4の普通紙がトレーに収納できない点です。

MG3630を長期間放置していると、紙にほこりが積もってしまい故障の原因になるかもしれないので、プリントするときだけ紙をセットするようにしています。
開封からプリントアウトできるようになるまでは取扱説明書を見ながら1時間弱でできました。スムーズだったように感じています。

印刷品質も以前のものと遜色なく、MG3630に満足です。

電子レンジで「チン」というけど、今時「チン」なんて鳴らないよね?

気になることはいろいろある。

先日、近所の方からたい焼きを頂いた。
その方のお宅にお友達が来た際に手土産として持参したものらしいのだが量が多すぎて、たくさん余ってしまったらしい。
「冷めちゃってるからレンジでチンして食べてね」
私はたい焼き大好きなのでありがたく頂いた。

さっそく電子レンジで温める。
あんこが熱くなりすぎるのは嫌なので1分くらいかな?
温めスタート…………3・2・1・ピロリロリーン、そう、うちの電子レンジはチンなんて音しない。
そもそも今まで使った電子レンジでチンという音の出るものを使ったことがない。
今使っている電子レンジは、少しメロディーのついた電子音、それ以前に使っていた電子レンジはすべてピーッという電子音だった。
だから何なんだ、意味は通じているから良いじゃないか、という話ではあるのだが、よく考えたら久しぶりに「レンジでチン」という言葉を聞いた気もする。
これって最近の10代の若者とかにも通じるのだろうか?
だって、テレビのチャンネル回すとかっておそらく通じないでしょ?

平凡な日常の中にも気になることがいろいろ出てくる。
いちいち気にしていたら大変、生活できなくなってしまう。
それに放っておいても、勝手に解決することもある。

たとえば掃除に使うコロコロ、あれの正式な名前って何だろうって思っていると目の前の織り込みのホームセンターのチラシに「粘着カーペットクリーナー」書いてあったりする。
そんなもんです。