私のよく行く地元の飲食店、カレーハウスCoCo壱番屋十三西口店。

私は十三駅に徒歩10分ぐらいの場所に住んでいます。
私がよく行く飲食店はカレーハウスCoCo壱番屋十三西口店です。

私がなぜこの店によく行くかというと、1つは接客態度が非常に良いからです。
おそらく教育が徹底されているのかいつ行っても笑顔で元気よく挨拶をしてくれるので非常に気持ちがいいです。

次に肝心の味の部分ですが、まずここのカレーは正直高級感があるというわけではないのですが、家庭の味に近い庶民的な味のルーであるために癖になり、リピーターになってしまうという感じです。

またカレーの量、辛さを自分で指定できるのも魅力の1つです。
人によって満腹感や辛さの好みは違うのでこの量、辛さを指定できるこのやり方はCoCo壱番屋の最大の売りのポイントだと思います。

またカレーに入れる具材のトッピングの数も豊富で迷ってしまうほどです。
季節限定のメニューも数多く販売されるので食べたい味がないということはまずないと思われます。

難点としましては値段が少し高いと思われ、1回の食事で私の場合などは必ず1000円を超えるような値段になってしまうことでしょうか?
しかしやはり癖になる味で少し高くてもまた行こうという気持ちにさせられる店であります。

名古屋市栄にあるハンバーガー専門店、PIGGY CAT DINER。

名古屋市の栄にあるハンバーガーとパンケーキの専門店、PIGGY CAT DINERに行ってきました。
栄にあると言っても、駅でいうと矢場町のほうが近いかもしれませんね。

本格的なハンバーガーのお店が増えていますが、ここは他と比べるとちょっとだけお値段が安いのがいいところです。
サラダやスープもセットになって、1200円程度です。

もう1つ嬉しいのは、料理の写真を撮影することに対してお店側が肯定的なこと。
「写真撮るより、まず食べろ!」な雰囲気ではなく、料理の説明にも「まずは写真を撮りましょう」と書いてあるくらいです。
SMSで写真をアップする人が多いので、これは高ポイントですね。

肝心のハンバーガーも、とても美味しいです。
パテがすごくジューシーでした。
かなり粗挽きの挽き肉で、しっかりとお肉を感じることができます。

バンズは、提供する前に表面を焼いているようで、カリカリで香ばしかったです。
ちゃんとナイフとフォークも準備されているので、口の小さな女性でも食べられます。

パンケーキの評判もいいらしく、同じ値段でハンバーガーのパテを少なくしてその分パンケーキをセットにすることもできます。
一緒に行った彼も満腹になったと言っていたので、男性でも充分な量のようですね。

広島出張カキ料理 四日市にある牡蠣料理の専門店「かき広」

四日市にある牡蠣料理の専門店「かき広」に行ってきました。
「広島出張」とありますが、先代の大将が広島出身だそうです。
私も予約してから行きましたが、基本的には予約のお客さんがほとんどのようですね。

入店すると、「ご予約のお名前は?」と聞かれます。
今回は、酢牡蠣・牡蠣フライ・牡蠣の土瓶蒸し・牡蠣の土手鍋・牡蠣の釜めしのコースを注文しました。

そんな人はなかなか来ないと思いますが、牡蠣が苦手な人には牡蠣ではないコースに変更することもできるようです。
宴会など、団体のお客さんの中に牡蠣が苦手な人がいる場合は、いいシステムかもしれませんね。

三階建ての建物全てがお座敷になっていますが、わりと古い建物のようで、昔ながらの旅館のような雰囲気です。
個人的に一番好きだったのは土瓶蒸しでした。

牡蠣以外にも、鶏肉・海老・銀杏・三つ葉など具沢山でした。
自分で絞って入れるすだちが、とてもいい香りでした。
牡蠣フライも土手鍋もしっかり目の味なので、土瓶蒸しがさっぱりしていていいバランスです。

釜めしの頃には満腹になっていたので、お土産にすることを勧められました。
炊き立ても食べたかったので、ちょっとだけ食べてあとはお土産用に。

ひつまぶしのように薬味やお出しがついていて、味の変化も楽しかったです。
牡蠣専門店というだけあって、牡蠣づくしのコースで大満足でした。

ウッドストック、テレビチャンピオンの王者のハンバーグのお店

本当に良いお肉を食べると次の日に顔がむくむことはない!
逆にお肌がプリプリになります。
それは「ウッドストック」というお店のハンバーグを食べて実感したことです。

「ウッドストック」は都立小金井公園の近くにあるお店です。
お店のドアを開けるとお肉のいい匂いが漂ってきます。

店長さんはテレビチャンピオンという番組でお肉だかハンバーグの王者になった方です。
いかにもお肉大好きで美味しいハンバーグを作りそうなふくよかな体型の方です。

ここのハンバーグのすごいところはオール100%ビーフのハンバーグでつなぎを一切使っていないところです。
シンプルにお肉の味が楽しめるというか堪能できるハンバーグです。

ここのハンバーグを食べてしまったら他のお店でハンバーグをたのめなくなるほどですね。
本当に美味しいのです。

ハンバーグにかけるソースは私は断然ソイビーンソースをお薦めします。
これは納豆を使って作ったソースです。

初めてソイビーンソースでハンバーグを注文した時には結構な勇気がいりましたね。
納豆ソースって想像がつかないですから。

でも結果選んで大正解です。
ハンバーグとも合うし、納豆を使っているのでご飯にかけてもとっても美味しいのです。
最近ウッドストックに言っていないなあ~月に一回は食べたくなるハンバーグです。

ハイアールの電子レンジJM17-C購入レビュー。

ハイアールの電子レンジ JM17-Cを、約4年前に引越す際に購入しました。
家電は白で統一したかったことと、1人暮らし用のサイズで良かったのでJM17-Cにしました。
amazonや価格.comでどの電子レンジが良いか調べていて、基本的には自炊にするつもりだったので、とりあえず電子レンジは持っていますというようなものではなく、料理に使えるものを探していました。

JM17-Cは庫内容量17Lで700Wの出力があるので、料理にも十分使えると思い購入しました。
約4年経った今でも全く問題なく日常的に使用できています。

朝起きると、まずコップ一杯の水を飲みますが、冬は水が冷たいので、電子レンジを400Wにして2分間少しだけ温めたものを飲んでいます。
深めの皿に少し水を入れて550Wで1分未満にして卵を固めて、ラーメンのトッピングにしたり、黒胡椒と塩をふりそのまま食べたりもします。

ただ、機能は問題なくても、約4年間使っていた結果外装に問題が出てきました。
白い塗装の内部が錆びてきて、塗装がパリパリと剥がれてきてしまいました。

他にも購入直後は扉の上のパーツも真っ白でしたが、今では若干黄色味がかった色に変色しています。
JM17-Cは、機能もスペックもデザインも申し分ないので、塗装をもう少し考えてもらえると良いと思います。

ユニクロのボーイズサイズをレディースとして着る。

ユニ女(ゆにじょ)という言葉が流行しているそうで、全身ユニクロでそろえている人も多いみたいです。
私自身もユニクロ大好き。
そして、最近、ユニクロでもボーイズサイズに手を出しはじめました。

小柄なので150センチ、160センチサイズのトップスを着ることができて、ガールズよりボーイズの方がなんとなくスポーティーに着られていいことがわかりました。
ニットもケーブルクルーネックセーターの150センチサイズを購入して愛用しています。
そして今、冬の最後としてセール品として売り切り価格で多くの製品が販売されています。

狙っているのが、ニットフリースクルーネックT。
ニット風のTシャツとして使えそうなトップスは500円でした。
今だけの価格だと思います。
このトップスには160センチサイズがあって、3色ありました。
私の場合は150センチが入ったので、160センチはちゃんと入るはず。

これってトレーナーみたいな感じでも、ルームウェアとして着ても惜しくない価格。
500円だと、寝る時用としてもいいような気がします。
毛玉ができたらすぐルームウェアに変えてもいいくらい。

ボーイズサイズのユニクロ製品、レディース製品よりも安くて他の人とかぶらずいいですよ。
買ってしまおうかな。

ハイブリッド式加湿器、ダイニチHD-3016の感想。

高齢の母が冬の間寝ている時に、エアコンを付けっぱなしにしておくと、部屋が乾燥しすぎるので、室内に置いてある湿度計が30%を切って「インフルエンザ注意報」を表示するのがとても気になって、加湿器を購入しました。
部屋の広さは12畳くらいですが、ベッド周りが少しでも潤うと良いかなと考えて色々と検討してみました。
その結果、温風式と気化式の両方を兼ね備えたハイブリッド式加湿器を選んでみました。

ダイニチのHD-3016は、思ったよりコンパクトで部屋の片隅に置いても気になりませんし、音も静かです。
それでもうるさく思う人には、さらに「静音」と「エコ」のモードが付いてるので、夜中でも運転する音がほとんど聞こえません。

ダイニチHD-3016本体の前面部分に現在の湿度が大きくデジタル表示されるので見やすく、自然と室内の湿度に注意する習慣がつきます。
給水は水が無くなるとピーピーと音が鳴って警告しますし、ランプが点滅しますのですぐに分かります。
ダイニチHD-3016の給水タンクもコンパクトなので水を満タンにしてもそれほど重くなく、女性でも簡単に運ぶことができます。

家庭ごとによって違うと思いますが、我が家では湿度設定を50%にしておくと12時間くらいで水が無くなります。
もっと乾燥する日が続いたら、自動的に潤いを与える「のど・肌加湿」モードを試してみようと思います。

パナソニックの沸騰浄水コーヒーメーカーNC-A56で毎朝幸せ!

10年使ったコーヒーメーカーが壊れたので、パナソニックの沸騰浄水コーヒーメーカーNC-A56を購入しました。
夫婦共、コーヒーが大好きで家で美味しいコーヒーが飲みたかったので、コーヒー豆から挽けるコーヒーメーカーを探していました。
こちらのコーヒーメーカーNC-A56は、豆から挽くことでき、粉でも淹れることができるのでとても便利です。

豆を挽く時は、かなり大きな音がして少し気になりますが、朝から豆を挽く香りがして、本当に幸せな気持ちになります。
また、豆の挽き分けフィルターが付いているのと淹れ分けのボタンを付いているので、同じ豆でも四種類のコーヒーの味を楽しめることができます。
手入れも簡単で、コーヒーが入る部分も口が広いのでしっかり手が入れて洗えるので衛生的で気持ち良いです。

シンプルなデザインなので、部屋のインテリアもじゃませず、また、無駄に凹凸などがなく掃除がしやすいです。
今まで使っていたコーヒーメーカーは、洗浄機能がなく掃除が面倒でしたが、こちらのコーヒーメーカーNC-A56は、沸騰浄水機能が付いていて掃除も本当に楽で助かります。
沸騰浄水機能のおかげで、カルキを90パーセントカットしてくれるので、毎日美味しいコーヒーを何杯も飲んでいます。