やきとり処 よし坊、広島市中区にある白レバーがおすすめの焼き鳥店

外飲みをするお店を思い浮かべると、居酒屋はもちろん、焼き鳥屋も候補に挙がるだろう。
広島にもたくさんの居酒屋や焼き鳥屋がある中で、私がおすすめしたいのは「よし坊」というお店だ。

薬研堀通りの一角に佇む、赤い壁が印象に残る外観。
暖簾をくぐり迎えてくれるのは、筋トレが趣味だという鍛え上げられた体つきの大将。
よし坊の店内はカウンター10席と4人掛けのテーブル3卓と、少しこじんまりしている。

メニューには、皮・ハツ・ささみなどよくある焼鳥屋のお品書きに加え、広島では珍しい豚バラ・豚トロといった豚の串焼き、一品ものには炊き餃子などもある。
というのも、大将は博多で修行をされていたらしく、そこで扱っていたものが反映されているのだろう。

よし坊の価格帯は1本100~300円ほど。

中でも私が舌鼓をうったのは、その日の朝に仕入れるという白レバー。
もともと焼き鳥の中でもレバーが好きな私ですが、よし坊のレバーほど臭みもパサつきもないものは食べたことがなかった。

そしてもう一つ、日々時間をかけて仕込みをしているという鶏スープだ。
鶏の濃厚すぎるほどの味わいがたまらない。

このスープだけでも最高なのだが、これを使った雑炊もまた、〆にはもってこいの逸品。
最近では「ひ鶏鍋」というメニューに力をいれていらっしゃるみたいで、ぜひ食べてみたいと思っている。

たくさんの素敵なメニューはもちろん、大将の気遣い・心遣い、そして丁寧な接客に、また来たいなと思わされる魅力が詰まっているよし坊である。

店名:やきとり処 よし坊
住所:広島県広島市中区薬研堀8-11
電話:082-247-9708

お好み焼 忍、武蔵小杉にあるアットホームな雰囲気が魅力の鉄板料理店

店名:お好み焼 忍
住所:神奈川県川崎市中原区小杉町3-486 S.N.Bビル 5F
電話:044-722-2606

「お好み焼 忍」は、武蔵小杉駅から徒歩1、2分ほどのS.N.Bビル内にある、お好み焼き、もんじゃ焼きのお店です。
この場所に移転する前から武蔵小杉の地に根付き、今なお多くの地元民に愛され続けています。

お好み焼 忍の店内は木を主体とした内装で、清潔感はありつつも湿度のある雰囲気の中、お座敷とテーブル席が設置されています。
長年この地で料理を提供してきた貫禄も相まって、どこか懐かしい空気が漂う、アットホームな空間が魅力的です。

お好み焼きやもんじゃ焼きが中心のお店なので、この二つは非常に多種多様なメニューが揃っており、またその他にも、焼きそばやサイドメニュー、デザートなど、様々な料理があります。

特にもんじゃ焼きは、出汁の旨みとゴロゴロ大量に入った具材の美味しさを感じられ、非常におすすめです。
人気のもちチーズ明太など、このお店のもんじゃ焼きの価格の相場は約900〜1000円で、この地域の飲食店としてはリーズナブルです。

焼き系の料理に関しては、テーブルの上に鉄板が設置されているので、それを利用して客自ら焼くことができます。
焼き方がわからないときには、お店の方に聞けば、一からやり方を教えて貰えます。

お好み焼 忍のお店の方は長くこの土地でお店を経営しているので、来店する地元の人たちと仲が良く、その中で培われたフランクで温かい接客は、このお店の魅力の一つです。
地元民でない新規のお客にも基本的に同じように接してくれるので、焼き方などがわからないときも気軽に質問できます。

武蔵小杉に長く根付き、身近で温かい雰囲気を持った「お好み焼 忍」なら、時に楽しく騒がしく、時にゆったりと落ち着いて食事を楽しむことができるでしょう。

雷鶏(サンダーバード)、宇部市にある鳥料理とクラフトビールが美味しい居酒屋

宇部市中心部、宇部新川駅付近のお洒落な居酒屋、「雷鶏(サンダーバード)」をご紹介します。

雷鶏は宇部新川駅前通りに面した、コンテナを改装して作られたコンテナハウスの珍しい居酒屋です。
店内はテーブル席を中心に48席、個室も備えるお洒落な雰囲気です。
店員さんは親切かつ丁寧、お料理の説明も嫌な顔せずにしてくださいます。

雷鶏のおすすめ料理は、もも炭火焼き(黒)です。
店名の通り、とり料理の種類が豊富でどれも美味しいのですが、シンプルに炭火で焼いたもも炭焼き(黒)は特に絶品です。
じゅーしーでこりこりとした食感も楽しめるお肉は、お酒との相性抜群です。

またこのメニューをお勧めする理由はもうひとつあります。
それは、何切れか残しておくと、最後にご飯を加えて焼き飯にしてくれるのです。
裏メニューとして、メニュー表の裏に記載されているという、シャレの効いた一品です。

また雷鶏はクラフトビールも豊富に揃えています。
他のお店では飲めないようなビールの数々、飲み比べセットのメニューがあるのも嬉しいポイントです。

宇部でちょっとお洒落な居酒屋をお探しの際は、ぜひ雷鶏を訪れてみてください。

店名:雷鶏
住所:山口県宇部市中央町1-2-19
電話:0836-38-8848

銀座で飛びきり飲みたい夜はカフェ ラ・ボエム 銀座がおすすめ

銀座のみゆき通りの一角、地下の階段を下ったところにこの店、カフェ ラ・ボエム 銀座はあります。
まるでアトラクションに乗る前のような、旧い階段を下ると「いらっしゃいませ」と店員さんに元気に声を掛けられます。

ラ・ボエム店内は厨房をぐるりと囲むようにしてカウンター席が設けられ、その周りにテーブル席が並んでいます。
カップルで座るのならば断然カウンター席がおすすめ。

時々火が上がるライブな様子や、窯からピザを取り出す様子などを見て二人の距離も縮まります。
友人同士ならテーブル席でゆっくり話すのもおすすめです。

ピザは1180円~ほどで、トッピングも有料でできるのでゴルゴンゾーラのピザにアイスをトッピングしてオリジナルのピザを楽しんだりもできます。
お酒もオリジナリティあるカクテルが豊富で、フルーツが入ったカクテルがお好きな人は特に楽しめると思います。

活気がある店内ですが、ラ・ボエムの店員さんが気を配ってくださっているので手を上げて呼べばすぐに来てくれます。
またお酒がなくなっているところに通りかかったりすると「何か頼みますか?」と気を聞かせてくれたり、お水をカラフェで持ってきてくれたりと、諸々に気をまわしてくれるので、とても過ごしやすいです。

普段夜中の3:30までやってるので、ラ・ボエムは遅くまで飲みたい夜はおすすめのお店です。

店名:カフェ ラ・ボエム 銀座
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目4−1 東海堂銀座ビル B1F
電話:03-3572-5005

DORO東岡山店、岡山市中区にあるどろ焼きが自慢の鉄板焼チェーン店

店名:DORO 東岡山店
住所:岡山県岡山市中区下487-2
電話:086-279-2260

DORO東岡山店は鉄板焼のチェーン店です。
店内は5人ほどで切り盛りしており、スタッフもわりと若い人が多く、活気のある店内となっております。

メニューはいろいろありますが、DOROの目玉はなんといってもどろ焼き。
外はしっかり焼けていますが、中はその名の通りどろっとした食感が特徴で、だし汁につけて食べるのがどろ焼きの食べ方です。
そのどろ焼きはどろチーズ明太880円や、どろもちチーズ850円といったところが人気メニューとなります。

他のメニューだと、モダン焼1280円、オムそば830円、ホルモンうどん930円、豚玉900円、カルビ丼740円、ホルモン丼640円などといったメニューがあり、注目は店員に直接言う形ではなく全てタッチパネル式になっており、メニューができあがれば店員が席まで持ってきて、どろ焼きなどはさらにテーブルについてる鉄板でさらに温めてから食べるシステムになっております。

DOROの営業時間は23時までと遅い時間まで営業しているので、仕事で遅くなっても立ち寄れるのはありがたいですね。
そして、定休日は特になく、年中無休となっております。
平日は昼と夜の時間帯を分けて営業していますが、土日祝は午前11時からの通し営業となります。

座席数も多く余裕のある店内となっているので、気になる方は是非、DORO東岡山店を訪れてみてはいかがでしょうか。

KITCHEN岳、埼玉県幸手市にある安定の美味しさの洋食店

店名:KITCHEN岳
住所:埼玉県幸手市中1丁目6−17
電話:非公開

埼玉県幸手市にあるKITCHEN岳。
オープンしてからまだ日が浅いですが、何を食べても安定の美味しさを誇る良店です。

KITCHEN岳の立地としては、東武鉄道東武日光線幸手駅からほど近く、旧日光街道に面した場所にあります。
周辺は、古き良き商店街の趣きを残したノスタルジックな景観が素敵です。

KITCHEN岳は、お店自体は小さく、カウンター席だけで構成されています。
マスターがお一人で切り盛りされている様子で、ランチタイムは忙しくお店を回しています。

KITCHEN岳のメニューとしましては、まさに王道の洋食メニューといいますか、ハンバーグやグラタン、パスタ、生姜焼きなどなど。

これらがライスやサラダなどが付いて、セット価格で千円前後。
総じてリーズナブルな上、なにより味がとにかく抜群。

まるで東京の老舗洋食屋さんで頂くような本格的な味が楽しめます。
特にハンバーグは絶品です、ソースも含め最高です。

夜はワインやちょっとしたおつまみを提供しているようですが、私は行ったことがありません。
美味しい肴で呑むお酒は最高だと思います。

補足としましては、KITCHEN岳は駐車場が完備されていないので、近隣の市営の無料駐車場に車を停める必要があります。

Udon Kyutaro、大阪船場のオフィス街にある讃岐うどんの名店

店名:Udon Kyutaro
住所:〒541-0056 大阪府大阪市中央区久太郎町3-1-16 丼池繊維会館 1F
電話:080-2516-2680

大阪のキタとミナミをつなぐ船場エリア。
繊維の町としても知られるこの街に店を構える、讃岐うどんの名店が「Udon Kyutaro」です。

Udon Kyutaroの壁はコンクリートの打ちっぱなし、店舗の一階をアパレルのお店と分け合う、わずか数坪のお店ですが、店先には「Native Sanuki Udon」の文字。
本場の讃岐で修業を積んだ、店主の意気込みが伝わります。

縦長の店内には机が一つ、10人程度が入れるこちらのUdon Kyutaroは、なんと早朝7時から開店しており、朝こちらで腹ごしらえをしてから仕事場に向かうサラリーマンも見られます。

うどんは、かけうどんやカレーうどんをはじめ、キムラくん(キムチ+ラー油)といった変わり種まで約15種類と、10種類程度の揚げ物などのサイドメニュー。

Udon Kyutaroの個人的おすすめは、ブランド豚の2種類のお肉(モモとバラ)が乗った「ABURI」のぶっかけ。
コシのある麺ながらサッパリとした味わいと、ジューシーな豚肉(個人的にこの豚の味を出したくて、我が家で試行錯誤しているのですが、まったくその域にたどり着きません…)、そして豚肉にチョンと乗せられた柚子胡椒が絶妙な関係性を築きます。

サイドメニューのお勧めは「ポテトサラダの天ぷら」。
春巻きでポテサラ包み、外はカリっと、中はふわっと。
初めての感触を味わってからまさに虜です。

週に二度三度と訪れたくなる「Native Sanuki Udon」。
Udon Kyutaroで、ぜひ味わってみてください。

あごだし 川崎製麺所、蕨市塚越にある自家製麺が素晴らしいラーメン店

店名:あごだし 川崎製麺所
住所:〒335-0002 埼玉県蕨市塚越1丁目7−4
電話:048-299-6808

京浜東北線、蕨駅徒歩数分。
以前は日月堂という味噌ラーメン専門店がありましたが、撤退をして現在はこちらのあごだし 川崎製麺所になりました。

ここの店舗曰くつきで、日月堂前もラーメン屋さんでしたがとにかく、入れ替わりの激しい場所として地元でもちょっとした有名場所です。
今回は何気に1年経過しましたが、頑張っているようなので応援したいところです。

川崎製麺所の店内に入ると木製の机と清潔な店内。
あごだしとなっていますが、ちゃんととんこつラーメンもあります。

今回は、とんこつ醤油ラーメンを食べました。
具材はネギ、チャーシュー、海苔、シナチク、そして背脂。

しかしなんと言っても川崎製麺所の特徴は麺です。
丁度、麺を仕込んでいるところで御邪魔しました。

川崎製麺所の店内に製麺機があって実際麺を打っているところに出くわしました。
ややおじさんふうの人が頑張って麺を打っていました。

コシがやはりあってスープとの相性も良かった。
大盛を注文しましたが、ライスともスープの相性もいいように思います。

午後6時過ぎにお邪魔しましたが、川崎製麺所は結構お客さんが居ました。
コロナでも頑張って欲しいものです。