DORO東岡山店、岡山市中区にあるどろ焼きが自慢の鉄板焼チェーン店

店名:DORO 東岡山店
住所:岡山県岡山市中区下487-2
電話:086-279-2260

DORO東岡山店は鉄板焼のチェーン店です。
店内は5人ほどで切り盛りしており、スタッフもわりと若い人が多く、活気のある店内となっております。

メニューはいろいろありますが、DOROの目玉はなんといってもどろ焼き。
外はしっかり焼けていますが、中はその名の通りどろっとした食感が特徴で、だし汁につけて食べるのがどろ焼きの食べ方です。
そのどろ焼きはどろチーズ明太880円や、どろもちチーズ850円といったところが人気メニューとなります。

他のメニューだと、モダン焼1280円、オムそば830円、ホルモンうどん930円、豚玉900円、カルビ丼740円、ホルモン丼640円などといったメニューがあり、注目は店員に直接言う形ではなく全てタッチパネル式になっており、メニューができあがれば店員が席まで持ってきて、どろ焼きなどはさらにテーブルについてる鉄板でさらに温めてから食べるシステムになっております。

DOROの営業時間は23時までと遅い時間まで営業しているので、仕事で遅くなっても立ち寄れるのはありがたいですね。
そして、定休日は特になく、年中無休となっております。
平日は昼と夜の時間帯を分けて営業していますが、土日祝は午前11時からの通し営業となります。

座席数も多く余裕のある店内となっているので、気になる方は是非、DORO東岡山店を訪れてみてはいかがでしょうか。

KITCHEN岳、埼玉県幸手市にある安定の美味しさの洋食店

店名:KITCHEN岳
住所:埼玉県幸手市中1丁目6−17
電話:非公開

埼玉県幸手市にあるKITCHEN岳。
オープンしてからまだ日が浅いですが、何を食べても安定の美味しさを誇る良店です。

KITCHEN岳の立地としては、東武鉄道東武日光線幸手駅からほど近く、旧日光街道に面した場所にあります。
周辺は、古き良き商店街の趣きを残したノスタルジックな景観が素敵です。

KITCHEN岳は、お店自体は小さく、カウンター席だけで構成されています。
マスターがお一人で切り盛りされている様子で、ランチタイムは忙しくお店を回しています。

KITCHEN岳のメニューとしましては、まさに王道の洋食メニューといいますか、ハンバーグやグラタン、パスタ、生姜焼きなどなど。

これらがライスやサラダなどが付いて、セット価格で千円前後。
総じてリーズナブルな上、なにより味がとにかく抜群。

まるで東京の老舗洋食屋さんで頂くような本格的な味が楽しめます。
特にハンバーグは絶品です、ソースも含め最高です。

夜はワインやちょっとしたおつまみを提供しているようですが、私は行ったことがありません。
美味しい肴で呑むお酒は最高だと思います。

補足としましては、KITCHEN岳は駐車場が完備されていないので、近隣の市営の無料駐車場に車を停める必要があります。

Udon Kyutaro、大阪船場のオフィス街にある讃岐うどんの名店

店名:Udon Kyutaro
住所:〒541-0056 大阪府大阪市中央区久太郎町3-1-16 丼池繊維会館 1F
電話:080-2516-2680

大阪のキタとミナミをつなぐ船場エリア。
繊維の町としても知られるこの街に店を構える、讃岐うどんの名店が「Udon Kyutaro」です。

Udon Kyutaroの壁はコンクリートの打ちっぱなし、店舗の一階をアパレルのお店と分け合う、わずか数坪のお店ですが、店先には「Native Sanuki Udon」の文字。
本場の讃岐で修業を積んだ、店主の意気込みが伝わります。

縦長の店内には机が一つ、10人程度が入れるこちらのUdon Kyutaroは、なんと早朝7時から開店しており、朝こちらで腹ごしらえをしてから仕事場に向かうサラリーマンも見られます。

うどんは、かけうどんやカレーうどんをはじめ、キムラくん(キムチ+ラー油)といった変わり種まで約15種類と、10種類程度の揚げ物などのサイドメニュー。

Udon Kyutaroの個人的おすすめは、ブランド豚の2種類のお肉(モモとバラ)が乗った「ABURI」のぶっかけ。
コシのある麺ながらサッパリとした味わいと、ジューシーな豚肉(個人的にこの豚の味を出したくて、我が家で試行錯誤しているのですが、まったくその域にたどり着きません…)、そして豚肉にチョンと乗せられた柚子胡椒が絶妙な関係性を築きます。

サイドメニューのお勧めは「ポテトサラダの天ぷら」。
春巻きでポテサラ包み、外はカリっと、中はふわっと。
初めての感触を味わってからまさに虜です。

週に二度三度と訪れたくなる「Native Sanuki Udon」。
Udon Kyutaroで、ぜひ味わってみてください。

あごだし 川崎製麺所、蕨市塚越にある自家製麺が素晴らしいラーメン店

店名:あごだし 川崎製麺所
住所:〒335-0002 埼玉県蕨市塚越1丁目7−4
電話:048-299-6808

京浜東北線、蕨駅徒歩数分。
以前は日月堂という味噌ラーメン専門店がありましたが、撤退をして現在はこちらのあごだし 川崎製麺所になりました。

ここの店舗曰くつきで、日月堂前もラーメン屋さんでしたがとにかく、入れ替わりの激しい場所として地元でもちょっとした有名場所です。
今回は何気に1年経過しましたが、頑張っているようなので応援したいところです。

川崎製麺所の店内に入ると木製の机と清潔な店内。
あごだしとなっていますが、ちゃんととんこつラーメンもあります。

今回は、とんこつ醤油ラーメンを食べました。
具材はネギ、チャーシュー、海苔、シナチク、そして背脂。

しかしなんと言っても川崎製麺所の特徴は麺です。
丁度、麺を仕込んでいるところで御邪魔しました。

川崎製麺所の店内に製麺機があって実際麺を打っているところに出くわしました。
ややおじさんふうの人が頑張って麺を打っていました。

コシがやはりあってスープとの相性も良かった。
大盛を注文しましたが、ライスともスープの相性もいいように思います。

午後6時過ぎにお邪魔しましたが、川崎製麺所は結構お客さんが居ました。
コロナでも頑張って欲しいものです。

八潮市で美味しい焼き肉を食べるなら「丑年」へ!美味しいお肉が堪能できます!

埼玉県八潮市に至福の時が味わえる焼肉屋さん「丑年」があります。
こちらの丑年は、つくばエクスプレス線の八潮駅から徒歩10分ほど歩いた場所にあり、店内には七輪で焼かれたお肉の香りが漂ってきます。

席数はカウンターとボックス席がありますが、あまり席数が多くなく、週末は大体混んでいるので、あらかじめ予約してから行くことをおすすめします。

お料理の内容ですが、自分たちでメニューを見ながら、食べたいお肉などを注文するかたちでも良いと思いますし、コース料理もあるので、コース料理をあらかじめ予約しておくのも良いと思います。

コース料理ですが、飲み物代は別として、前菜からサラダ、和牛の炙り握りと至福のマントをはじめ、焼き肉数種類と季節の野菜やホルモンの盛り合わせといった丑年の人気メニューが揃って、価格が6000円のコースなので、来店する際はこのコースを予約しています。
このコースは、どのお料理もとても美味しいのですが、特にご紹介したい料理は、「和牛の炙り握り」と「至福のマント」です。

和牛の炙り握りは、小ぶりに握ってあるご飯の上に今にもとろけそうなお肉が乗っていて、目にした瞬間美味しい!を確信させます。
口に入れた瞬間、お肉のうま味がお口いっぱいに広がります。

握りのご飯も小ぶりなので、お肉の邪魔をせず、お肉とご飯のハーモニーが広がり、あっという間にお口の中でなくなります。
至福のマントは、目にした瞬間にこんなに美味しそうできれいなお肉は見たことがない!と思ってしまうくらい見た目が輝いています。

網の上に焼くのももったいないくらいきれいなお肉で、網の上でサッと焼いて、お口に入れた瞬間に商品名である「至福のマント」の意味が分かると思います。
ご紹介した2つのお料理は単品で注文する場合でも、ぜひ食べていただきたい一品です。

丑年は店員さんもてきぱきとしていますし、網も機転を利かせて代えてくれるので、接客もお料理のレベルと同等に素晴らしいです。
都内に行かなくてもおいしい焼き肉を食べたくなったら、八潮市の「丑年」はおすすめです。

店名:炭火焼肉 丑年
住所:埼玉県八潮市大瀬5-2-1 八潮ピーソクアトロ104
電話:048-934-5004

五反田にあるCoCo壱番屋のイカが特徴的なサラダメニュー

店名:CoCo壱番屋 JR五反田駅東口店
住所:東京都品川区東五反田5-27-6第1五反田ビル1F
電話:03-5795-0551

CoCo壱番屋でカレーを頼む際には、サラダを頼むことが多くあります。

そのときにはイカサラダを頼む機会もあるのですが、これは結構珍しいメニューだと思います。
やはりサラダの具としてイカが使われているケースというのはあまり見ませんから。

ただ、あくまでもCoCo壱番屋で食べるサラダという前提なら、十分に理解できる内容だと思うのです。
というのも、カレー自体にイカが合うと個人的には思っており、カレーを食べながらサラダに含まれたイカを食べることで、十分に美味しいと感じられます。

だからこそ、サラダにイカってどうなの?と思うかもしれませんが、このお店で食べる分には違和感はないです。
イカそれ自体をカレーのルーにつけて食べても美味しいので、サラダの具ではありますけど、カレーの具として考えても良いのではないか?と思いました。

CoCo壱番屋のイカサラダで使われているイカは、イカリングの形状をしており、ややサクサクした食感も味わえるので、かなり美味しいと評価できるでしょう。
ちょっと変わったサラダとは言えるものの、意外とハマるかもしれないので、CoCo壱番屋に来たときには注目をしてもらいたいです。

一隆 本店、仙台市の地元民がこよなく愛する穴場的な牛タン屋

仙台観光と聞いて欠かせないのは牛タンですね。
仙台市内には100店舗近くの牛タン専門店があるので一体どれを選べば良いのか悩んでしまうもの。
専門店以外にも牛タンを提供する飲食店は数多くあります。

そこで、地元人がオススメする穴場的な牛タン屋さんを紹介します。
お店の名前は「一隆 本店」になります。

一隆をオススメする理由は、大通りから外れた路地沿いに店舗があるため、観光客があまり並ばない点です。
待ち時間が長いとせっかくの貴重な時間をロスしてしまいますよね。

特に仙台駅周辺にある牛タン屋さんは、お店までのアクセスが良いので30分以上待たされることもザラにあります。
地元人の私は仙台駅前にある「たんや善治郎本店」を愛用していますが、いつも混んでいるのがネック。

そんな時は「一隆 本店」に行きます。
お店の位置は仙台駅からやや離れた場所にあり、徒歩で20~25分になります。

一隆のお店の特徴は、熟練した職人が丹精込めて焼き上げるので味に偽りなしです。
ジュワっとあふれ出てくる肉汁が一層の美味しさを引き立ててくれます。

肉厚もそれなりにあるので、食べ応えもありますね。
炭火で焼き上げるので、味に深みが増すのです。

一隆でオススメするメニューは「牛たん焼定食」になります。
なお、枚数によって値段が変わってきます。

一隆の接客は物腰の柔らかいご主人が居てアットホームな雰囲気がありますね。
街中の喧騒を忘れさせてくれホッとした気分にさせてくれるのです。

仕事でフードデリバリーの配達をしていますが、よくこのお店からも配達依頼が届きます。
老舗なのでお店の外観は年季が入っていますが、懐かしい昭和時代を感じさせる物がありますね。

なお、店内はカウンターと小上がりになっています。
最近、新しい牛タン屋さんもオープンしていますが「一隆 本店」は正真正銘の牛タンを提供してくれますよ。

最後になりますが、お店のデータは下記のとおりになります。

店名:一隆 本店
住所:宮城県仙台市青葉区国分町1-4-21
電話:022-261-4026

まつをうなぎや、宮崎市にある地元産うなぎの鰻料理店

創業昭和7年(1932年)、現在でなんと四代目が伝統の味を受け継いでいて、老舗となる和食・割烹料亭となるのが、地元民に愛される『まつをうなぎや』です。
外観は一見して、居酒屋風ですが、まつをうなぎや店内は割烹料亭という半個室、個室、カウンター席を設けたもてなし十分なスペースで経営されています。

宮崎県の新富町や佐土原町など地元産のうなぎは、適度に脂がのっていて、弾力もあると評判です。
うな重、うな丼の上、特上ともなれば肝付です。

うな重はランクによって(1720円・2150円・2255円)ですが、まつをうなぎやのおすすめとなるのは、サービス価格1560円なて提供されている『うなきも重』です。
うなぎも食べたい、けれど、珍味ともいえる肝も食べたい、そうしたお客さん想いから提供されており、秘伝となる甘めの蒲焼きのタレが絡められており、食欲の落ちる夏場は売り切れてしまうときがあるほどです。

もちろん、うなぎ専門なので、蒲焼きのみならず、卵を使ったうの巻きであったり、きも串など、変わり種もラインナップされています。
まつをうなぎや店内はうなぎの炭火のニオイで包まれ、多くのお客さんが特産うなぎに舌鼓を打ちます。

店名:まつをうなぎや
住所:宮崎県宮崎市上野町6-18
電話:0985-22-3838