青森県八戸市の行列必至の港町グルメ、みなと食堂のひらめの漬け丼!

港町の青森県の八戸市には美味しい物がたくさんあります。
なかでも一番有名なのが、みなと食堂のひらめの漬け丼です。

みなと食堂のひらめの漬け丼を求めて、朝早くから人が集まり、土曜日ですと開店1時間後の7時過ぎには行列ができていることもあるほど。
お昼時になると、1時間待つこともザラです。
そこまでして、人が集まるのには訳があります。

まず、みなと食堂は近くに漁港や市場があり、新鮮な魚を使っているので、とにかく魚が美味しい。
名物のひらめの漬け丼以外にも、漁師の漬け丼や、四合わせ丼、本マグロの中落ち丼と言った海鮮丼の他に八戸の郷土料理であるいちご煮やせんべい汁もあるので、観光客にも満足なラインナップです。

そして、驚くのがその価格。
ひらめの漬け丼は1000円、高い物でも1800円程度。
東京の築地と比べるとお得感があります。

また、安いのにボリュームがすごい。
ひらめの漬け丼はご飯が見えないくらいにびっしりとひらめが並べられ、そこに卵黄が載っていてインスタ映えするビジュアルです。

見てびっくりした後は、食べてもびっくり。
新鮮な魚の美味しさはもちろんの事、何とも言えない甘いたれがご飯に絡み、滑らかな卵黄とのコンビネーションがもう最高です。

みなと食堂一番のおススメはこの、ひらめの漬け丼ですが、その日によって数量限定のメニューがあるのでそちらも残っていたらぜひ、頼んでほしい一品です。

みなと食堂の店員のおばちゃんの接客も、つかず離れずで心地いいのもおすすめポイント。
北東北に来た際には絶対に立ち寄ってほしいお店です。

店名:みなと食堂
住所:青森県八戸市大字湊町字久保45-1
電話:0178-35-2295