高田馬場、うに小屋は美味しいのになんか残念で惜しい!

店名:うに小屋 高田馬場店
住所:東京都豊島区高田3-10-14 吉野ビル1F2F
電話:03-6457-6137

うに小屋は、JR高田馬場駅より徒歩5分ほどで、駅からは近いです。
ローストビーフ丼のレッドロックさんの近くです。
ネットの記事で「美味しいミョウバンなしの塩水ウニがいただける、うに専門店」と拝見して以来、うに小屋は気になっていたお店でした。

場所を調べて予約を入れ、行ってみるとなんだか思っていた感じと違ってかなりカジュアルな感じ。
磯〇水産っぽいチェーン店の居酒屋のような雰囲気で、一気に不安になりつつ店内へ。
うに小屋は二階まであり、わたしたちは二階に通されました。

うに小屋は、うに専門店とのことですが、うに以外のメニューもたくさんありました。
刺し盛りは4種盛りで(3180円)。それぞれ3切れずつ入っていましたがコスパはうーん・・・。

しかしその中に、サバがあったことに関しては驚きました。
東京にもサバの刺身を出してくれるお店があったのかと歓喜でした。
しかもとてもきれいで新鮮なサバでコリコリして美味しかったです。

水うに刺し(1900円、二人前~)、これが例のミョウバンなしの塩水ウニ。
うにがてんこ盛りで現れるのですがオレンジがとても綺麗!

さすが天然モノ。
磯の香りがとてもよく濃厚で甘い!これは絶品です。

隣のテーブルで、うにいかソーメン(1000円)を絶賛していたので透明のいか以外生で、いかを食べたことがなかったのですが、挑戦してみることに。
添えられたうにとたまごを混ぜて、それにいかを浸けていただくという発想がいいですよね。

いかソーメンはともかく。
そしてシメはたまごめし(400円)。

さきほどのいかソーメンの残りのお醤油をかけていただきました。
この幸せたるや。

うに小屋は、魚はとても新鮮でいいものを仕入れていると思います。
コスパがいいものとそうでないものが両極で、メニューによっては当たりはずれがあるのも事実。

それからなんといっても、うに小屋の雰囲気。
どうしても居酒屋チェーンの雰囲気が拭えず、支払い時に違和感を持ってしまいます。
美味しかったのに。

それから、うに小屋スタッフさんのスキルが低いのも残念でした。
もっと食べたいものがありましたが、なかなかスタッフさんを呼んでも来ないので早々に切り上げました。
そのくせ料理のおすすめだけしにやって来たり・・・

スタッフさんだけは、うに小屋の雰囲気と比例していました。