Udon Kyutaro、大阪船場のオフィス街にある讃岐うどんの名店

店名:Udon Kyutaro
住所:〒541-0056 大阪府大阪市中央区久太郎町3-1-16 丼池繊維会館 1F
電話:080-2516-2680

大阪のキタとミナミをつなぐ船場エリア。
繊維の町としても知られるこの街に店を構える、讃岐うどんの名店が「Udon Kyutaro」です。

Udon Kyutaroの壁はコンクリートの打ちっぱなし、店舗の一階をアパレルのお店と分け合う、わずか数坪のお店ですが、店先には「Native Sanuki Udon」の文字。
本場の讃岐で修業を積んだ、店主の意気込みが伝わります。

縦長の店内には机が一つ、10人程度が入れるこちらのUdon Kyutaroは、なんと早朝7時から開店しており、朝こちらで腹ごしらえをしてから仕事場に向かうサラリーマンも見られます。

うどんは、かけうどんやカレーうどんをはじめ、キムラくん(キムチ+ラー油)といった変わり種まで約15種類と、10種類程度の揚げ物などのサイドメニュー。

Udon Kyutaroの個人的おすすめは、ブランド豚の2種類のお肉(モモとバラ)が乗った「ABURI」のぶっかけ。
コシのある麺ながらサッパリとした味わいと、ジューシーな豚肉(個人的にこの豚の味を出したくて、我が家で試行錯誤しているのですが、まったくその域にたどり着きません…)、そして豚肉にチョンと乗せられた柚子胡椒が絶妙な関係性を築きます。

サイドメニューのお勧めは「ポテトサラダの天ぷら」。
春巻きでポテサラ包み、外はカリっと、中はふわっと。
初めての感触を味わってからまさに虜です。

週に二度三度と訪れたくなる「Native Sanuki Udon」。
Udon Kyutaroで、ぜひ味わってみてください。