ゲームを売るならどこがいい?ブックオフ・ツタヤ買取の口コミ!

こんばんは。
ゲーム好きの男です。

以前にゲオで200くらいのゲームを売ったエピソードを先ほど投稿させていただきましたが、次はツタヤでの買取エピソードを書いていきたいと思います。

ツタヤでのゲーム買取で良かった点

200というゲームを売ったものの、まだまだ200以上のゲームがありゲーム好きなのでお金が入るとすぐにゲームソフトを買うという人間です。(笑)
しかしながら、収納場所にも困りましたので今度はツタヤに売ることにしました。

また同じように梱包してツタヤに持っていくと、店員さんが「早速査定いたします!」とすぐに対応してくれたのが嬉しかったです。

そして、「他にお売りになりたいものはございませんか?」等という気遣いが嬉しかったです。
100以上のゲームだというのに査定にかかった時間としては20分くらいでした。

金額としては、47,500円という金額でしたので自分的には許容範囲と判断して即決させていただきました。
このように迅速な対応である程度の金額が入ってくるのは嬉しいものですね。

ツタヤでのゲーム買取で悪かった点

悪いというか気になった点としては、迅速な対応をしてくれからというのは重々承知しているのですが、自分の売ったゲームがカウンターに散らかるように置いてあったのは減点対象とさせていただきます。

やはり自分が楽しくプレイしていたゲームですので、もう少し大切に扱って欲しいですし、見栄えも良いものではありませんでした。

参考:ゲームを売るならどこが高い

ゲームを売るならブックオフ買取がいい?

ブックオフでニンテンドー3DSのゲームソフトを買取ってもらった経験がありますが、結論から言えばびっくりするほど査定金額は安すぎました。
発売から1年ほど経っていたので多少査定金額は低くても仕方がないと思っていましたが、思っていた以上にブックオフの査定金額は低かったです。

ですが、もうニンテンドー3DSはプレイするつもりはなかったのでその低い査定金額で了承しました。
そして、スタッフの店員の対応は可もなく不可もないです。
査定金額が出るまでだいたい10分程度でした。

なおあとで分かったことですが、売ったゲームソフトの買取相場を見ることがあり、その金額を見たら愕然としました。
ブックオフよりも高い査定金額を出しているところが複数ありました。

もっと良く調べてから売れば良かったと後悔はしています。
それからはブックオフではゲームソフトを売らないことに決めました。

不要になったゲームソフトを少しでも高く売れれば、また新しく買いたいゲームソフトの資金に充てることができるので、ゲームを売るならばもう少しどこで売ったより高く売れるかどうかリサーチしておくべきでした。
以上がブックオフでゲームソフトを買取ってもらった時の体験談です。

ゲームを売るなら売り方に妥協しない

一時期DSのソフトでレイトン教授のシリーズにハマり、新Sしいソフトが出ては購入していました。でも、DSのソフトは高いのでなかなかの出費になり、少しでも節約をしたくて考えていた時にゲームの買取があることを知りました。
私の家の近所にはブックオフがあったので、レイトン教授以外のソフトを売ることにしました。

まずは手始めに全然使っていなかったゲームボーイアドバンスのソフトと、PSP、PSPのソフトを売りました。
ゲームボーイアドバンスはもう時代が古いので、期待はしていなく、買取の値段も安かったです。一応買い取ってはくれたのでそんなものだと思っています。

PSPの本体はもともとの値段に比べるとすごく下がりましたが、何千円となったので捨てるよりはよかったと思います。

なんとなくの相場がわかったので次はDSで使わなくなったソフトを売ることにしました。
DSのソフトではどうぶつの森、ポケモン、マリオやその他のソフトを売りました。

私は意外だったのですが、DSのソフトが何百円ととても安く買い取られました。
DSのソフトはもう少し高く売れると思っていたのですが、思っていたよりも凄く安くて残念でした。

私は今までにゲームを売って思ったのが、もう捨てられても良いぐらい要らないものは売るのが良い売り方。
安く値段を付けられたら嫌なものは妥協せずに売らない、もしくはキャンセルするのが良いと思いました。