投資用マンション売却は賃貸で貸す収益性が低いと安く売るしかない!

自分で住む為の居住用不動産は、皆さん良く知っていると思います。
それとは別に、人に貸すことで家賃収入を得る「投資用マンション」があるのを知っていますか?
いわゆる収益物件という奴です。

居住用の場合はその建物に住むことを前提に買われるわけですから、不動産会社は築年数や内装などをきめ細かく書いて販売されています。

それに対して投資用マンションは住むことよりも賃貸物件として貸すことで収益を得られるかが重要です。
そのため内装よりも利回りについて詳しく書かれています。

投資用マンションは、住む為に購入する訳ではないので、その物件に誰かが住んでいても関係ないです。
逆に住んでいる人が居た方が高く売ることが可能です。

投資物件を購入する時は、価格よりも収益が重要で、その部屋を賃貸で貸すことによって儲かるか儲からないかが大事です。
購入して賃貸にして入居者が入って家賃収入を得られるなら、それでよいけど入居者が入らなければ毎月のローンの負担がきつくて、マンションは売却することになります。

参考:マンション売る?貸す?売却・賃貸のメリットとデメリット!

収益性が低いマンションを売る場合、買い手が居ないから安く買い叩かれるて売却するのを覚悟しなければならないです。
不動産会社も商売でやっていますから、足元を見て安く買い叩かれて売るしかないのです。

だから安易に投資用不動産を購入して、家賃を得ようとしないことです。
失敗に終われば安く買い叩かれて売却する羽目になり、大損することになります。