会社をブラック企業にせず利益を出していく方法。

労働環境を良くしながら企業として利益を出すことは難しいことのようです。
職場の労働環境を良くしようとすると、どうしても非効率的な部分が生まれてしまうからです。
それで利益を出すために多くの会社がブラック企業になってしまうわけです。

しかし、労働環境の良さと高い利益を両立させている企業も数多くあります。
労働環境を良くするためには従業員を尊重する必要がありますが、尊重し過ぎると統制が取れなくなるという面があります。

従業員を尊重することと生産性の高さを両立させるためには、まずその土台に企業文化があり、それを適切に管理できる管理者がいることが必要になります。
その企業文化が優れていると評価されている、ある外食産業の会社では、その会社のミッションに特徴があります。

第一のミッションは扱う商品に対する情熱ですが、第二に従業員を大事にすること、そして第三に顧客を大事にすることとなっているのです。
これは顧客よりも従業員の方が大事であることを掲げていることになり、このことが従業員のモチベーションを上げ、高利益に繋がっていると考えられています。
私も近い将来、事業を立ち上げようと思っていますが、このことは大変参考になりました。

ハイブリッド式加湿器、ダイニチHD-3016の感想。

高齢の母が冬の間寝ている時に、エアコンを付けっぱなしにしておくと、部屋が乾燥しすぎるので、室内に置いてある湿度計が30%を切って「インフルエンザ注意報」を表示するのがとても気になって、加湿器を購入しました。
部屋の広さは12畳くらいですが、ベッド周りが少しでも潤うと良いかなと考えて色々と検討してみました。
その結果、温風式と気化式の両方を兼ね備えたハイブリッド式加湿器を選んでみました。

ダイニチのHD-3016は、思ったよりコンパクトで部屋の片隅に置いても気になりませんし、音も静かです。
それでもうるさく思う人には、さらに「静音」と「エコ」のモードが付いてるので、夜中でも運転する音がほとんど聞こえません。

本体の前面部分に現在の湿度が大きくデジタル表示されるので見やすく、自然と室内の湿度に注意する習慣がつきます。
給水は水が無くなるとピーピーと音が鳴って警告しますし、ランプが点滅しますのですぐに分かります。
給水タンクもコンパクトなので水を満タンにしてもそれほど重くなく、女性でも簡単に運ぶことができます。

家庭ごとによって違うと思いますが、我が家では湿度設定を50%にしておくと12時間くらいで水が無くなります。
もっと乾燥する日が続いたら、自動的に潤いを与える「のど・肌加湿」モードを試してみようと思います。

休日は家の掃除、頑張って断捨離するぞ!

今日は休日なのですが、前からやろうと思っていたぼちぼちと掃除もしました。
最初にやったのが、プリンターの上に置いてある用紙を片付けるところからでした。
前からずっと気になっていたことができてよかったです。

それから掃除機をかけたりもしました。
結構髪の毛が落ちていて、毎日掃除しないとダメだなぁと思ったりも。

それから少しインテリアの配置とかも変えてみました。
前から作業をするところとごはんを食べたりするスペースは分けたいって思っていたんですよね。
思うようにできないんですが、ひとまず少し配置を変えることで気分が変わりました。
丁寧に暮らすことを今年の目標にしているので、自分が考えている生活に少し近づいたかなって思いました。

あとは、晩ごはんのために冷蔵庫の中身もキレイにしちゃいました。
明日のごはんも作ろうと思いました。
空間が整うといろいろやりたいことが出てくるのがいいなって思いましたね。

これからもちゃんと掃除はしようって思いました。
あと、前に片付けたクローゼットなのですがより一層片付けたいという気持ちが湧いてきました。
まだまだモノが多いなぁって感じるところがありまして。
本格的な断捨離を進めていければいいかな~って思う今日このごろです。

離婚したら過去の清算はキチンとしなくてはいけない。

私は離婚歴があり、離婚の原因は元旦那の不倫でした。
離婚してからはホステスをしながら子供を育てていますが、お客様に離婚の原因や今の現状を話すと「相手になんで慰謝料請求しないの?元旦那に未練もなく、不倫の事もなんとも思ってないならちゃんと清算しないとだめだよ!」と言われて昨年1年色々と考えてしまいました。

別に未練もないし過去に辛い思いも何もないのではっきり言ってどうでもいいという感情なんですが、慰謝料請求をする事がめんどくさいと言うのが本音だったんです。
しかし、キチンと清算をしていない今、経済的に不安定な状態で貯金がないどころか借金まで元旦那に背負わされている事を考えたらこう言う状況になった原因に慰謝料請求をすると言う事も大切なのかもしれないと考える様になりました。

そこで数日前から内容証明の書き方をネットで調べて、パソコンで頑張って作る事にしました。
やってる最中は「やっぱりめんどくさいな。」と嫌な気分でしたが、いざ今日郵便局に出しに行き、中身を確認してもらったりしていると今まで何でこんなに迷ってたんだろう?とかなりスッキリした気持ちになりました。

慰謝料請求はケジメだから本当にキチンとすべきだったと離婚してから1年でやっと気づかされました。

自己破産するなら法律事務所の無料窓口利用すると良い。

借金返済に困窮した際の最終手段。
自己破産をすると決めたときには、やはり弁護士に相談するのが1番良いと思います。
何よりも破産を何度も経験している人なんてまずいません。
初めてという人ばかりでしょうから、どうやって行えば良いのか?分からないという人がたくさんいます。
“自己破産するなら法律事務所の無料窓口利用すると良い。”の続きを読む

パナソニックの沸騰浄水コーヒーメーカーNC-A56で毎朝幸せ!

10年使ったコーヒーメーカーが壊れたので、パナソニックの沸騰浄水コーヒーメーカーを購入しました。
夫婦共、コーヒーが大好きで家で美味しいコーヒーが飲みたかったので、コーヒー豆から挽けるコーヒーメーカーを探していました。
こちらのコーヒーメーカーは、豆から挽くことでき、粉でも淹れることができるのでとても便利です。

豆を挽く時は、かなり大きな音がして少し気になりますが、朝から豆を挽く香りがして、本当に幸せな気持ちになります。
また、豆の挽き分けフィルターが付いているのと淹れ分けのボタンを付いているので、同じ豆でも四種類のコーヒーの味を楽しめることができます。
手入れも簡単で、コーヒーが入る部分も口が広いのでしっかり手が入れて洗えるので衛生的で気持ち良いです。

シンプルなデザインなので、部屋のインテリアもじゃませず、また、無駄に凹凸などがなく掃除がしやすいです。
今まで使っていたコーヒーメーカーは、洗浄機能がなく掃除が面倒でしたが、こちらのコーヒーメーカーは、沸騰浄水機能が付いていて掃除も本当に楽で助かります。
沸騰浄水機能のおかげで、カルキを90パーセントカットしてくれるので、毎日美味しいコーヒーを何杯も飲んでいます。

キヤノンの激安プリンタMG3630は細かいところで残念。

年末の年賀状作成用にプリンターを新調することにしました。
今回は予算の都合もあり、キヤノンの一番安いプリンターを購入してみました。

機種名:MG3630
本体大きさ(横幅×奥行×高さ):約449×304×152mm
解像度:4800×1200dpi
スキャナー:1200dpi(CISセンサー)
両面プリント:可能(はがきは非対応)
Wi-Fi:あり(スマホ・タブレットからのダイレクトプリントが可能)
自動電源ON:あり
インクタンク:黒・カラーの2つ

実は以前使用していたプリンターが、年賀状の作成途中で修理不可能な故障とになってしまい、あわてて
夜遅くに代替のものを探した結果、在庫があって一番早く届くヨドバシエクストリーム便で注文したのですが、

翌日12時には届けていただき、対応の早さ・良さに感激しました。
早速開封して使用準備を始めたのですが、ガッカリしたのがA4の普通紙がトレーに収納できない点です。

長期間放置していると、紙にほこりが積もってしまい故障の原因になるかもしれないので、プリントするときだけ紙をセットするようにしています。
開封からプリントアウトできるようになるまでは取扱説明書を見ながら1時間弱でできました。スムーズだったように感じています。

印刷品質も以前のものと遜色なく、満足です。

小池百合子都知事が英語を頻繁に使用するのは違和感を感じる。

東京都の小池都知事が記者会見をするたびに、頻繁に英語を多用するのは違和感を感じます。
例えば「都民ファースト」「ダイバーシティ」など。
とにかく英語が多いと思います。
単なる恰好をつけたいがために、英語を使っている印象を受けます。

過去の政治家にも、格好つけようとして、英語を多用していた人物がいたと思いますが、その政治家が何か実績を挙げたかというと、たいした実績を挙げていないと思います。
恰好をつけたがる政治家はポピュリストだと思います。
小池都知事は、東京オリンピックの予算を削減するために取り組むと、就任早々宣言しましたが、結果的にはほとんど成果を挙げることなくオリンピックに向けた施設の建設工事が始まりそうです。

また、築地市場の移転問題についても、豊洲新市場の空洞問題がありますが、空洞があるから安全性に問題があるのかというと、安全性には問題は無さそうです。
そうなると、築地市場移転問題と、東京オリンピックの予算問題について改革する姿勢を示した行為というのは、いったい何だったのかというのが東京都民の持つ印象だと思います。
有権者の立場からすると、格好をつけずに地味でも良いから、都民のために汗をかいて行政をしっかり進めてほしいと思うのです。