自己破産、その後の生活について

借金が多すぎて困っている、また借金が多すぎて返済ができない、という場合には、債務整理の一つとして、自己破産手続きを選ぶ方も少なくありません。
しかし、破産というと、なんとなく「最終手段である」というイメージもあり、その後の生活が大変なイメージもあります。
なるべくしたくない、という方も多いのではないでしょうか。
(さらに…)

ストレスで脳の状態が悪化した

一昨日、急に体調が悪くなって、帰宅してすぐに着替えもしないで畳の部屋で、座布団を枕にして寝ころんでしまった。
頭がフラフラして、眩暈を起こしたような感覚だった。
寝ころんでみると、呼吸が荒くなってきて、ゆっくりとは呼吸ができなくなった。

しかし、20分ほど横になっていたら落ち着いた気分になってきて、いったん起き上がってテレビをつけた。
しかし、テレビを見られるほどの状態ではなかった。
すぐに消した。
テレビを見れないということは体調が悪いのだ。

そして、カーテンを閉めようとして起き上がったとたん、再び頭がフラフラして気持ちが悪くなってきた。
自分はそれでも、なんとか部屋のカーテンを閉めて、部屋の灯りをつけることができた。
そして、寒気を感じたので、つけていた扇風機を止めた。自分は、脳の状態が悪化しているのだと思った。
もしかしたら脳梗塞の前兆か、脳出血が起きているのかとも考えた。
自分の祖母が脳出血で亡くなっているので、脳の病気については警戒感を持っている。

とりあえず、脳神経を安定させるための薬を多めに服用した。
精神安定剤だ。
救急車を呼ぼうかとも考えたのだが、その前に精神安定剤を飲んで、それでもダメなら救急車を呼ぶことにした。
しかし、精神安定剤を服用した直後に吐き気を催して、2回吐いてしまった。
胃袋には何も入っていないので、何も出てこなかった。
そして、再び畳の上に寝転んだ。
すると、精神安定剤の効き目が出てきて眠気に襲われて1時間ほど眠ったようだった。

目が覚めてから、試しに横になったままスマホの画面を見てみた。
平気だった。
そのまま30分くらいスマホを操作していた。
平気だった。
そして、思い切って起き上がってみた。

平気だった。
テレビをつけても平気だった。
起き上がっても、今度は気持ち悪くはならなかった。
おそらく、仕事のストレスか何かで脳の状態が悪化したのだと思う。
そして何らかの精神疾患状態が起きたのだろう。
結果的には、多めに精神安定剤を服用したことが正解だった。

100円ショップで窃盗を目撃しました

先日、近所のショッピングモールの中にある100円ショップで、窃盗事件を目撃しました。
私が見た時はすでに二人の制服を着た警察官が50代くらいの女性の両脇を抱えて、お店の奥の事務所スペースのようなところへ、ひきずるようにして連れて行っているところでした。
お店のスタッフが案内しているところをみると、お店から警察に連絡がいき、窃盗犯を捕まえてもらったように感じました。
その女性はマスクをしていて、身なりはそれほど豊かそうではありませんでしたが、生活に困ってるようにも見えませんでした。
顔面が蒼白で、人間が現状を理解できないような状況に陥っている時は、こんな顔色になるんだ、と驚きました。
わざわざ制服の警官が来ている様子から察すると、その女性は常習犯なのかもしれません。
しかし、100円ショップで窃盗する金額なんて、そうそう高額にはならないでしょう。
彼女の人生は、この魔が差したような窃盗で、変わってしまうのでしょうか。
どんな状況であっても窃盗は許されることではありません。
しかし、たったの数百円で、それまで生きてきた50年程を台無しにしてしまうのは、とてももったいないです。
10代の学生ではないのです。
しかし、この貧富の差が広がり、ストレスを抱えている日本では、このような事件を起こすのは、彼女だけではないのではないか。
そう思えた出来事でした。

岐阜市の中心にあるのです

幼稚園で、いいといえば、岐阜にいたころに、市内中心地の加納幼稚園というところに子供を通わせようと考えていました。
この幼稚園は、以前は、国立大学付属の幼稚園で、国立大学付属小学校のおとなりにあり、今では市立幼稚園になっていました。
岐阜市は県庁所在地ですから、幼稚園も有名どころがたくさんありました。
私立だと費用も名高かったです。
いろいろ考えると、転勤族で幼稚園評論家にでもなれるほど、子供を連れて遊びに行きましたが、ここが外から見ると、一番いいように思います。
なぜ、外から見るとというのかというと、子供をこちらにかよわせることができなかったからです。
転勤になりました。
どうして、みなさん、公立幼稚園を敬遠されるのか不思議です。
一つには、人数が多すぎると、抽選になるということです。
そこで、高校入試ではないけれど、ささっと、落ち着きたい人は、私立に流れます。
願書を出せばいいですから、簡単です。
抽選漏れをして、行きたい幼稚園に入れなかった時のことを考える必要はありません。
そんなことから、公立幼稚園も結構なくなりつつあります。
ただ、ここ10年は、見ることはありませんが、この加納幼稚園はつぶれることはないでしょう。
モデル校です。

次ページへ »